2596円 幻冬舎(Gentosha) 5五将棋 ?22x23x4cm 479033 おもちゃ ファミリートイ・ゲーム 将棋 セット 幻冬舎 Gentosha 5五将棋 479033 トラスト ?22x23x4cm 幻冬舎(Gentosha),479033,?22x23x4cm,/hermaphrodite141171.html,5五将棋,おもちゃ , ファミリートイ・ゲーム , 将棋 , セット,top-reports.com,2596円 幻冬舎(Gentosha),479033,?22x23x4cm,/hermaphrodite141171.html,5五将棋,おもちゃ , ファミリートイ・ゲーム , 将棋 , セット,top-reports.com,2596円 幻冬舎 Gentosha 5五将棋 479033 トラスト ?22x23x4cm 2596円 幻冬舎(Gentosha) 5五将棋 ?22x23x4cm 479033 おもちゃ ファミリートイ・ゲーム 将棋 セット

セール開催中最短即日発送 幻冬舎 Gentosha 5五将棋 479033 トラスト ?22x23x4cm

幻冬舎(Gentosha) 5五将棋 ?22x23x4cm 479033

2596円

幻冬舎(Gentosha) 5五将棋 ?22x23x4cm 479033






◆商品名:幻冬舎(Gentosha) 5五将棋 ?22x23x4cm 479033

(C)GENTOSHA 2021

十八世名人・森内俊之九段 監修
日本将棋連盟 推薦

5×5マスの盤の中で、序盤から駒がぶつかる戦いが楽しめる!
将棋の初心者から経験者まで楽しめる“完全木製のミニ将棋ゲーム!

『5五将棋』は、5×5マスまでの将棋盤の中で、限られた駒を使って戦うミニ将棋ゲームです。
1970年に楠本茂信氏によって考案されたこのミニ将棋は、世代を超えて今もなお遊ばれており、この幻冬舎版『5五将棋』では、初期配置や遊び方にバリエーションを加え、さらに楽しめるように工夫しました。
十八世名人の将棋棋士・森内俊之九段が監修を務め、将棋盤、駒、遊び方ガイドまでこだわりをもって作りあげました。

【商品の特徴】
1.完全木製だから、本格的な将棋が楽しめる!
駒、盤は完全木製ですので、気持ちの良い駒音が響きます。

2.ついたてを使った「自由配置将棋」で遊べる!
ついたてで互いの陣地を隠し、自由に駒を配置してから対局を開始する「自由配置将棋」の遊び方を紹介。よりスリル満点のミニ将棋を楽しめます。

3.将棋の基本がわかる遊び方ガイド!
駒の名前や動かし方から学べる遊び方ガイドでは、将棋の基礎から、5五将棋での実戦的なテクニックまで総合的に棋力を身につけられます。森内九段によるワンポイントアドバイスなど内容も充実!

公益社団法人 日本将棋連盟 推薦!

【セット内容】駒(木製)18枚、盤(木製)1枚、駒箱(兼駒台)1組、ついたて1枚、遊び方ガイド1冊

【監修:森内 俊之(もりうち・としゆき)】
1970年神奈川県生まれ。1982年、小学生名人戦3位になるなど、幼いころから頭角を現し、1987年、四段となりプロ入り。同年の新人王戦で棋戦初優勝。2002年、第60期名人戦で初タイトル獲得。その後、数々のタイトルを獲得し、2007年、第65期名人戦で十八世名人資格獲得。2011年、通算800勝で将棋栄誉敢闘賞受賞。2017年には紫綬褒章を受章。タイトル戦出場25回、獲得は竜王2回、名人8回、棋王1回、王将1回の合計12期。2020年6月19日、「森内俊之の森内チャンネル」としてYoutubeチャンネルを開設。将棋の普及など幅広く活動している。(本データはこのゲームの発売時のものです)

幻冬舎(Gentosha) 5五将棋 ?22x23x4cm 479033

観光を専門とする
実践的学術研究機関

学術研究と実践を通して
"観光を通じた豊かな社会の実現"
を目指します

日本を代表する
観光研究者集団

我が国の観光分野を代表する
研究者集団として
観光研究の多様化・高度化に
柔軟かつ果敢に挑戦します

幅広い視野と
経験を持つ研究員

幅広い視野と経験を持つ研究員が協働し、多角的な視点から、観光の現場で調査研究に取り組んでいます

旅の図書館

旅行・観光をテーマとした専門図書館です
6万冊を超える蔵書の中から、きっとあなたに必要な情報が見つかります

新着情報

事業内容

公益財団法人日本交通公社は、旅行・観光を専門とする“実践的学術研究機関”です。当財団の事業は、大きく自主事業と受託事業の2本の柱から成ります。

観光調査・研究

公益財団法人日本交通公社で行なっている観光調査・研究の一部をご紹介します。

調査・研究データ(JTBF基盤調査研究)

公益財団法人日本交通公社の基盤調査研究をご紹介します。

JTBF旅行者調査

本調査は旅行者の需要と実態を中長期的に把握し、そのデータを社会に提供していくもので、「JTBF旅行意識調査」と「JTBF旅行実態調査」の2種類の調査から成ります。 「JTBF旅行意識調査」は、国民の人口構成に近いパネルを・・・

都道府県・市町村の観光政策に関する調査研究

観光立国の実現に向け、国の政策が引き続き強く推進されることが見込まれるなかで、地方公共団体においても「観光政策」がますます重要な位置づけになっています。そのため、都道府県や市町村の観光行政のあり方や今後の方向性を検討して・・・

観光資源の分類や評価とその活用に関する研究

当財団では、1968年に実施した自主研究「観光資源調査の手法」を契機として、旧建設省道路局からの委託による「観光交通資源調査・観光行動調査」を行い、「全国観光資源台帳」を作成しました。 同台帳は、観光調査等において活用さ・・・

訪日市場(インバウンド)の動向に関する研究

訪日外国人旅行者の増加は著しく、訪日客の意向を調査することは、今後のわが国のインバウンド観光振興を考えるにあたり、非常に重要と考えられます。 本研究では、(株)日本政策投資銀行(以下DBJ)と共同で「DBJ・JTBF ア・・・

研究員紹介・コラム

研究員が調査研究活動や普段の生活の中で感じたことを、ホットな雑感として綴っています。

旅行者動向

コロナ禍における旅行市場の変化2 [コラムvol.456]

観光文化振興部 企画室長/上席主任研究員
五木田 玲子
旅行者動向

ペット飼育世帯は旅行に行かない? [コラムvol.455]

観光政策研究部 社会・マネジメント室 研究員
工藤 亜稀
旅行者動向

「ラケット理論」の検証(インバウンド編) [コラムvol.454]

観光政策研究部 社会・マネジメント室長/上席主任研究員
菅野 正洋

活動紹介

研究会やシンポジウムの開催、学会への参加、視察報告など、当財団の日々の活動の様子をご紹介しています。

No.110 2021年度観光地経営講座を開催しました

No.109 「2021年度第1回温泉まちづくり研究会」を開催しました(7月7日)

出版

観光調査・研究の成果や活動を通して収集・蓄積した情報を、書籍として出版しています。

観光振興に貢献する地方公立大学~地域における現状と課題、そして期待~(観光文化 250号)

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

旅行年報2020 Annual Report on the Tourism Trends Survey

定価2,200円(本体2,000円 + 税)

温泉まちづくり 2020年度温泉まちづくり研究会 総括レポート

定価1,650円(本体1,500円 + 税)

2021年度観光地経営講座講義録 観光地の“強さ”とは何か? ~経験価値に立脚する原点回帰の観光地経営~

定価1,100円(本体1,000円 + 税)

セミナー・シンポジウム

「観光地経営講座」、「旅行動向シンポジウム」などの開催を通して、研究成果を公表しています。

要申込

第31回 旅行動向シンポジウム

2021年10月28日(木)・29日(金)

当財団主催「第31回旅行動向シンポジウム」を、2021年10月28日(木)・29日(金)に開催します。 2021年も新型コロナウイルス感染症の流行が続いていますが、諸外国ではワクチン接種を契機として急速に観光市場が動きつ・・・